7月もヤマダ電機でauのXperia Z5が機種変更で一括17,160円、3Gケータイ/スマホからの機種変更(非VoLTE機含)/MNPで一括0円〜7/31(金)まで

6月に続き、7月もヤマダ電機においてauのXperia Z5 SOV32が、機種変更で一括17,160円、auケータイ/VoLTE非対応スマホからの機種変更、3Gケータイ/スマホからのMNPで一括0円で案内されていた。

期間は7/31(金)までとなるが、在庫なしになるまで実施されそうな気もする。

店舗独自割引で機種代金の85,800円のところ、機種変更の場合は68,640円割引されて一括17,160円となる。
現在の端末利用期間が12ヶ月以上が条件となる。

3Gケータイやスマホから機種変更・MNPの場合は85,800円割引されて一括0円となる。
現在3Gサービス利用中で、端末利用期間が16ヶ月以上が条件となる。
auでVoLTE非対応のXperiaはXperia Z3以前となる。


Xperia 5ではなくXperia Z5なので注意したい

 

何故、機種変更でも7万円近い割引が可能になっているのか、違反しているのではないかと思う人もいるかもしれないが、以下に該当しているので問題ないと思われる。

製造が中止されておらず、最後の調達から24カ月経っているもの、あるいは製造中止で最後の調達から12カ月経ったものは製造価格の半額までの割引はセーフ。製造中止&最後の調達から24カ月経てば8割の割引まではセーフとなる。

製造中止のスマホはどこまで割引? パブコメ締切間近な総務省の「改正電気通信事業法」運用ガイドライン案|ケータイWatch

Xperia Z5の発売は2015年で、製造も既に終了していると思うので問題ないと思われる。

 

なお、紹介しているが、3Gケータイやスマホからの機種変更やMNPでこの機種を購入するのは、2020年7月現在、お勧めしない。
必ずここ1〜2年で販売されている他機種が同様の条件で安く売っていないか確認する事を強くお勧めする。
3Gからの変更の場合、割引に制限がないからだ。
機種代金1万円辺りまで予算を設定すれば、性能の高い機種も見えてくる。

7月もヤマダ電機でauのiPhone XRの64GBが3Gケータイ/スマホからの機種変更(非VoLTE含)/MNPで一括16,540円など〜7/31(金)まで

7月もコジマ×ビックカメラでauのiPhone 8が3Gケータイ/スマホからの機種変更/MNPで一括0円、7/31(金)まで〜ドコモならiPhone SEが一括0円もあり

ヤマダ電機でauのAQUOS R3が3Gケータイ/スマホからの機種変更(非VoLTE機含)とMNPで9万円引きで一括0円〜6/30(火)まで

 

他にもXperia 8、AQUOS sense3、Galaxy A20なども一括0円などで購入できるはずである。

機種変更で購入する場合は、よく考えて購入するようにしたい。普通に機種変更するというよりは、どこかにMNPする前に1台購入してみるなどの場合だろうか(それでもあまりお勧めしないが)。ただしもうソフトウェア更新などは実施される可能性は低いだろう。

現在、LINEポイントプログラムにおいて、LINE Pay支払いで5%オフにもなるようだ。

【LINE・LINE Pay】5/1開始の「LINEポイントクラブ」詳細についてのお知らせ|LINE

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください