うっかりauの「スマホ応援割」を廃止してしまった話〜シンプルプランの対象は「フラット」プランのみ

先日購入したauのXperia XZ2 Premiumだが、購入時の契約条件の1つにスーパーカケホがあった。維持費を下げるためにシンプルプランに変更した所、うっかり1年間1,000円の割引が適用される「スマホ応援割」が廃止となってしまった。


手続き履歴画面。はじめにこの画面を見た時、少し混乱した

スマホ応援割

概要を抜粋。

概要

機種変更・新規契約と同時に「auピタットプラン(スーパーカケホ/カケホ)」、「auフラットプラン」にご加入の場合、翌月から1年間、ご利用料金から毎月1,000円(1年間合計12,000円)を割引致します。

これに追加として「2018年9月14日からauフラットプラン(シンプル)も対象になりました。」と記載されている。
※現在上記の文言は削除されており(概要にも記載があるので騙すなどの意図はないと思われる)、代わりに以下の文言が記載されている事を確認

※過去に「スマホ応援割」「ビッグニュースキャンペーン(新規受付終了)」が適用されたことがあるお客さまは対象外となります。

これは機種変更の契約者が該当するのだろうか。また、少ないと思うが過去に適用された契約者もMNPで他社に移り、再度auを契約の際に過去の契約情報を見て適用の可否を決めたりするのだろうか。

 

一応変更前に上記のサイトも確認していたはずなのだが「シンプル」にしか目がいかなかったのだろう。ピタットプランでのシンプルプランは対象外であるため、今回適用が廃止となってしまった。

原因として、今回自分でWEBから変更してしまった点もある。ドコモでシェアパックなどに変更する際は、こちらの操作で割引が消えたりするのが嫌だったので、電話で変更したりした事もあるのだが、今回何故自分で変更してしまったのか悔やまれる所だ。

少し前のピタットプラン/フラットプラン導入時のビッグニュースキャンペーンは、ピタットプランのシンプルプランも対象だったと思うので、その感覚でいた事もあるのだろう。

まあ自分が悪いのだが、ドコモだとMy docomoから不要なオプション解除する際も、手続き完了前にくどいくらいしっかり確認表示がされるのだが、auはあっさりしていた印象だった。キャリアの差だろうか。

 

言い訳ではないが「スマホ応援割 シンプルプラン」などで検索すると、あたかもピタットプランのシンプルプランも対象であるかのように書かれているサイトもあるので注意したい。あくまでシンプルプランは「フラット」プランのみ対象だ。

「ピタット」と「フラット」はカタカナ4文字、後ろの2文字が同じなので、字面の上では若干分かりにくいが、あくまでフラットのみ対象だ。文字を見比べていると、どっちがどっちだったか混乱してくる。

念の為書いておくと、

・ピタットプラン:データ利用量に応じて自動的に定額料が変動する4G LTEスマートフォン専用プラン、最安利用可能
・フラットプラン:データをたくさん使うお客さま向けの4G LTEスマートフォン専用定額型プラン、比較的高額

となる。データ通信のプランだ。

また、ピタットプランを2年契約で1GBまでの使用した際の、シンプルとスーパーカケホの1年目までの月額料金は、

・シンプル:2,980円/月
・スーパーカケホ:2,480円/月(スマートバリュー加入時:1,980円)

となる。シンプル、スーパーカケホは通話のプランだ。
「ピタット」と「フラット」、「シンプル」と「スーパーカケホ」、これらの正しい理解が必要となる。

スーパーカケホは通常3,480円だが、「スマホ応援割」適用で1,000円割引きで2,480円/月となる。スマートバリューも適用できるのであれば、さらに500円割引され、1,980円/月となる。

シンプルはスマートバリューの割引対象外。「スマホ応援割」も上で書いた通り対象外となる。通常料金の高いスーパーカケホの方が安くなるという逆転現象が起こる。
なので、スマートバリューが適用できるかにもよるが、シンプルと割引が適用されるスーパーカケホでは500円〜1,000円の差が出てしまう。最安プランにはキャンペーンを適用させないという、auの意地のようなものを感じないでもない。

なお、スーパーカケホは5分間通話無料のプラン、シンプルは話した分だけ通話料がかかるプランである。

幸い大して差額が大きくないので、ドコモで契約しているシェアパックの1回線のSPモードを解約したり、ケータイ補償を解約するなどすれば、全体の支払いとして、料金差はトータルでは縮まる事となる。

料金やキャンペーン関連についてよく分かっている人は別だが、自分で変更するとキャンペーン廃止などの不安があるのではないかと少しでも思う人は、自分でWEBから変更するのではなく、電話またはショップで手続きする事をお勧めする。今回のような変更を行おうとしたら、担当者がキャンペーンが外れますよと教えてくれるはずである(多分)。

ここまで書いてきたが、自分が悪いとはいえ、やはり廃止は残念である。無念。

※料金だけで見るなら2019年9月末までキャンペーンで1,980円/月から利用できる新auピタットプランに変更するという選択肢もある。その後も2,980円/月から利用できる

auピタットプランから新auピタットプランへ機種変更せずに変更した〜9月末までは月額1,980円から、その他注意点も

 

 

Twitterはこちら