【注意】11/30(火)でドコモのiモード公式サイトの閲覧が終了に、iモード検索機能は既に終了済〜FOMA自体は2026年3月で終了

先日ドコモショップを通りかかった所、iモードが11/30(火)をもって公式サイトの閲覧が終了すると案内されていた。

案内には折りたたみケータイを利用している人宛への案内となっているが、iモード対応のFOMAケータイ利用者が対象となる。




iモード公式サイトの終了について|NTTドコモ

 

 

マイメニューに登録したコンテンツ(有料・無料問わず)の閲覧、登録済みのコンテンツ(有料・無料問わず)の削除、メニューリストの閲覧できなくなるという。
スマートフォンへ機種変更する際に、一部のコンテンツを除きdメニュー公式サイトへコンテンツ引継ぎが可能となっている。

iモード自体はまだ終了していないが、iモードサイトなどを検索できるiモード検索機能は、2020年の3/24(火)で終了している。

まだケータイを利用している人で、メールを除くiモード機能をどれ程積極的に利用しているかは不明だが、周りに使っている人がいれば知らせてあげると良いだろう。本人にも既に終了案内のお知らせは届いているかもしれないが。

中には既に修理などが終了している機種もある。

ドモショップで従来型ケータイ(ガラケー)の修理受付期間終了または終了予定の機種を案内、エリアメール受信非対応の機種もあり〜連休中に機種変更の検討も

 



 

FOMAでもFOMAのスマートフォン利用者はiモードではなくSPモードなのでまだまだ利用できるが、FOMA自体は2026年の3/31(火)で終了となるので、それまでに4G(Xi)または5G機種に機種変更しておいた方が良いだろう。

少々ややこしいが、3Gと呼ばれるFOMAにはいわゆる折りたたみ型含むガラケーだけでなく、一部のスマートフォンも含まれる。
また、Xi(4G)はスマートフォンばかりではなく、折りたたみケータイ(iモードではないが)も販売されている。

ここを見ているような方はあまり関係ないとは思うが、家族などでまだケータイを利用している人には、すぐに変えなくとも 機会を見て連絡しておいた方が良いだろう。

 

現在各社ではケータイからの変更の場合、一括0円で購入できたりもする。時期によってはiPhoneも0円となっている場合がある。
性能の高い機種が0円となっている場合もあるが、それよりも自分にとって使いやすそうな機種を選んでおきたい。

 



 

Twitterはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください