【注意】ドコモ、9/23(水)より一部のケータイ・スマホでLINEが順次利用できなくなると案内

ドコモは9/23(水)より順次一部機種からLINEが利用できなくなると案内している。

ケータイだけでなく、スマートフォンも対象となっている。

以下、対象機種の一例。

 

9/23(水)以降順次LINEが使えなくなる機種

・らくらくホン F-02J
・P-smartケータイ P-01J
・AQUOSケータイ SH-01J
・AQUOSケータイ SH-05G
・ARROWSケータイ F-05G

・らくらくスマートフォン3 F-06F
・らくらくスマートフォン2 F-08E
・ビジネススマートフォン F-04F

・Xperia A SO-04E
・AQUOS ZETA SH-06E
・AQUOS PAD SH-08E

インストールしているLINEがVer.8.17.0未満の場合使えなくなる機種

・Arrows Tab F-03G
・dTab d-01G
・AQUOS PAD SH-06F

Android 5.0未満かつインストールしているLINEがVer.8.17.0未満の場合使えなくなる機種

・Galaxy J SC-02F
・Galaxy S4 SC-04E
・Galaxy S5 SC-04F
・Xperia Z3 SO-01G
・Xperia Z3 Compact SO-02G
・AQUOS ZETA SH-01G


 
ドコモショップでも案内されている

 




その他、型番の末尾がD・E・Fの記載がある大半の機種、AndroidまたはiOSでVer.8.17.0未満LINEアプリを使用している機種も利用できなくと案内されている。

ケータイは2016年〜2017年モデルのJ型番の機種で利用できなくなる(ケータイでの対応が終了してしまうため)。

一部機種でのLINEアプリサービス提供終了に関するお知らせ|NTTドコモ

LINE社が、より安全で安定したサービスを提供するため、対応OSバージョンの見直しを行うためだとされている。
トークの閲覧・バックアップ・アカウント引継ぎを含め、全機能が利用できなくなるという。

なお、対象機種のLINEアプリ配信は2019年11/5日(火)をもって終了している。2019年11/5日(火)以前から、LINEアプリをダウンロードし、利用している人が対象となる。

スマートフォンのG型番は2014年〜2015年モデルなので5〜6年前の機種となる。

セキュリティの面からも5〜6年使っている場合は、そろそろ機種変更を検討してみてはどうだろうか。
機種変更でも安くなっている機種もある。

【各店台数限定】ヤマダ電機でドコモのarrows Be4が機種変更で一括9,760円
【15周年記念セール】60台限定、秋葉原ヨドバシでドコモの「日本製スマートフォン」arrows Be4が新規と機種変更で一括9,460円

 

今回ドコモしか紹介していないが、auやソフトバンクで利用している人も、各社でどのようになっているか調べたり、機種変更の検討をしてみると良いだろう。



Twitterはこちら