【注意】dアカウントのIDを変更した場合、iPhoneでドコモメール利用の場合はプロファイルの再インストールが必要に

先日、これまで電話番号がIDとなっていたdアカウントのIDを文字列に変更した。

以前よりセキュリティの観点から、電話番号がIDに設定されている場合、変更するよう案内があった。

【注意】9/19(木)よりdアカウントのIDが電話番号や生年月日の場合My docomoアプリでデータ更新不可に〜ID変更が必要 ※追記あり
※現在は電話番号がIDでも更新可能

現在も電話番号がIDの人は、それなりの年数利用している人だと思われる(現在は初期状態はドコモメールのアドレスやランダムの文字列だったかと思う)。

d払いの不正利用報道なども記憶に新しいところなので、まだ電話番号の人は変更しておくと安心だろうか。

 

さて、実際に変更して少々問題があったのが、ドコモメールだ。現在iPhoneで利用しているのだが、dアカウントのID変更に伴い、プロファイルの再インストールが必要だった事だ。
ドコモメールを使う方法は色々あるとは思うが、プロファイルインストールが一番手っ取り早いと思われる(ドコモのサービスのショートカットが山程出てくるがもちろん削除可能)。

My docomoからメール設定でWi-Fiをオフにして利用設定画面でプロファイルをインストールする。その際メッセージRとSも設定できる。

自分がプロファイルインストールし直しが必要になったのに気付いたのは、実家の家族から昼間にメールしても返答がないので夜に電話が掛かってきた事にある。
ドコモメールは利用できるようにしているが、今では家族以外でやりとりする機会がほとんどない事もあり、それも発見の遅れに繋がったのかもしれない。
メール画面で更新してみたところ、受信不可のダイアログが出ており、結局プロファイル再インストールで、届いていなかったメールも無事確認できた。



ドコモメールは任意のメールアプリで手動で設定しても利用できるが、その際に受信サーバーや送信サーバーなどの情報入力でもdアカウントのIDとパスワードの項目があるため、変更したら修正する必要がありそうだ。

ID変更しても自動で反映してくれる訳ではないのだ。

IDが変わる場合、My docomoへのログインも当然、し直しになる。d払いやdポイントへのログインもそうだ。d払いの場合、支払い直前に再ログインを求められてあたふたしないようにしたい。

 

ドコモメールはメッセージRも利用できるようにしておくと、機種変更割引クーポンやマイショップのキャンペーン情報も届いたりする。
iPhoneだとAndroidの場合だと通常本体にしか残せないメッセージR/Sの内容も、移動で移す事ができる(通常プロファイル削除してしまうとメッセージR/Sフォルダは消えてしまう。ドコモメールフォルダは保存されているが)ので、機種変更しても引き続き確認が可能だ。

電話番号のIDに限らず、見覚えのないログイン通知が多発して渋々IDを変更した場合も、プロファイルの再インストールや再設定、再ログインなどを忘れずに行っておきたい。

 



逆にドコモメールを使わないのであれば、人によってはahamoも利用した方が大容量で安く利用できるかもしれない。
ahamoへの移行のハードルも低くなるだろう。

申し込みは以下から。

容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)

 

なお、ahamoからドコモの料金プランへ変更したくなった場合、変更はドコモショップのみで、オンラインや電話からは現時点では変更できない。
ドコモメールもアドレスが変わってしまうので注意が必要だ。

【メモ】ahamoからドコモの料金プランに変更の場合はデータ通信量も引き継ぎに、ギガライトの場合最大料金適用の場合も

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください