【メモ】ahamoからドコモの料金プランに変更の場合はデータ通信量も引き継ぎに、ギガライトの場合最大料金適用の場合も

先日、ahamoにした回線に無事に先行エントリーのポイント6,000ポイントが付与されていた事を紹介した。

ahamoの先行エントリーキャンペーンと混雑緩和協力のdポイント6,000ptが付与されている事を確認




それで、ahamoからドコモの料金プランに戻す事を考えた。
ちなみにahamoからドコモの料金プランへの変更はMy docomoや電話からの手続きはできず、ドコモショップ店頭での受付となる。

【注意】ahamoからドコモの料金プラン(ギガホプレミア/ギガライト等)への変更は電話での変更不可、ドコモショップ店頭でのみ受付と案内

1回線を例に取ると、ahamoからギガライトに変更しようと思っていた。自分の場合、ドコモ3回線の割引が適用できるので月額2,178円で利用できる。

 

それでドコモショップで手続きしようとしたが、結局ahamoでそれなりにデータを使っていると、ギガライトの方が高い料金となってしまう事が分かったので、ahamo継続となった。

ahamoからドコモの料金プランは即日適用で、どちらか高い方の料金だけ請求になるのだが、ahamoで既に10GBなど使用していてギガライトに変更しようとすると、ギガライトでは上限7GBに達した状態となり、月額料金も上限分発生する(割引なしだと月額6,765円)。
つまりahamoからデータ通信量が引き継がれる事となり、変更の段階でリセットされる事はない。

そのため、元々ドコモの料金プランに変更を予定しているのであれば、その月はできるだけデータ通信量は抑えておきたい。
ギガライトに変更するのであれば、1GB以内に収めており、家族割(3回線で1,100円引き)が適用されれば、ahamoより料金は抑えられるので、ahamoの料金が適用される(どちらか高い方で請求なので)。

以下、ギガライトの使用量毎の料金。5Gギガライトを例に取ったが4Gのギガライトも金額は変わらない。

5Gギガライト|NTTドコモ

 



 

なので、割引(ドコモ光または家族割)が全く適用されない人はせめて3GBまで、適用できる人はせめて5GB辺りで収めたいところだ。
どうせ高額になるなら、その月だけギガホプレミアに変更してみても良いだろう。こちらも人によっては割引はある。

先行エントリーでポイントをもらって変更を検討をしている人は、計画的な利用を意識したいところだ。

ちなみにahamoからドコモの料金プランに戻ると、ドコモメールも利用できるようになるが、その際は以前利用していたメールアドレスではなく、新しいメールアドレスとなるので注意したい。

容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)|ahamo

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください