ドコモのGoogle Pixel 3でドコモメールアプリが利用可能になっている事を確認、手順を紹介〜Wi-Fi環境下での送受信は設定が必要

6/7(金)にドコモからGoogle Pixel 3aが発売されたが、2018年に発売された、自分も持っている同じくドコモのGoogle Pixel 3においてドコモメールアプリが利用できる事を確認した。

これまではGoogle Pixel 3/3 XLのドコモメールアプリは非対応であった。

ドコモのGoogle Pixel 3/3 XLはドコモメール「アプリ」に非対応〜その他のメールアプリから設定で利用可能

しかし、Pixel 3a発表の時には+メッセージも合わせて検討中との案内がされていた。

ドコモがPixel 3a向けにドコモメールアプリと+メッセージ対応を検討中

 

※ドコモの公式ホームページにPixelでも利用できるようになったという案内を確認
ドコモメール|NTTドコモ

どうやらメールの受信は15分に1回のようだ。メール設定の復元・バックアップは対応していないようだ。
以下、参照。

ドコモメールアプリのよくある問い合わせ|NTTドコモ

 

 

使ったSIMカードはドコモ本家のSIMカードだ。もちろんdアカウントも必要になる。
以下、設定手順。

まず、Playストアから「ドコモメールアプリ」で検索してインストールする。
自分の場合、直下にはなかったため、少しスクロールした。


インストール済みの画面で申し訳ない

 

 

インストール後、ホーム画面から選択すると、アクセス権に許可が必要になる


アクセス権を許可しないと画面に入れない

 

注意したいのは、この時点でWi-Fi環境下での設定は行えない事だ。なのでWi-Fiはオフにする必要がある。

 

内容に同意する。


「利用開始」を選択する

 

初期設定ではWi-Fi環境下でメールの送受信は行えないが、後で設定すれば可能だ。

2019年夏以降は、利用にdアカウントアプリのインストールが必要なようだ。自分が設定した時点ではdアカウントアプリはインストールしていない。

 

画面右下の「その他」から「メール設定」を選択し、「マイアドレス」を選択する。
「マイアドレス情報を更新」を選択する。

おそらくこの時点でモバイルデータ通信でなら、ドコモメールが利用できるようになる。
メッセージR/Sのフォルダもある。前機種から引き継いだだけなのか、ちゃんと作成されたのかはよく分からない。
メッセージRはまだこの時点で受信できていないので、ちゃんと受信されるのかは現在のところ確認できていない。

続いてWi-Fi環境下での利用設定。

同じく「メール設定」から「Wi-Fiオプション利用設定」を選択し、「Wi-Fi手動設定」を選択する。
ここでdアカウントが必要になる。ブラウザでドコモのメール設定に遷移するので、Wi-Fi設定を利用開始にする。
Wi-Fiオプションパスワードも決まっていない場合、ここで決める。

ドコモメールアプリ設定画面に戻り「パスワード設定」で、先程決めた(確認した)Wi-Fiオプションパスワードを入力する。

これで完了となる。

試しにWi-Fi環境下で、このドコモメールのアドレスでこのドコモメールアプリに送信(同一アドレスで送受信)してみたところ、ほぼリアルタイムで受信できた。
しかし、違うアドレスから送ってみたところ、数十秒程遅れて受信された。

個人的にはPixel 3でドコモメールは使わないので良いのだが、利用しようと思っている人は、リアルタイムで受信できるかどうかはモバイルデータ通信の場合を含めてしっかり確認しておきたいところだ。
※受信は15分に1回

Pixel 3で使えるという事は、おそらくドコモ版のPixel 3 XLやPixel 3aでも利用できるのではないかと思う。
※ドコモから正式に対応が案内されている

特に4万円台半ばのPixel 3aを購入するような人にとっては、ドコモメールを利用する人も多いと思われるので、買ってからドコモのメールが使えなかった(別のメールアプリで代替は可能)では、不満も出るだろう。
なので、今回の対応は中々良いのではないだろうか。

キャリアメールなんて使わないという人も、設定しておけば職場のどうでもいい人用に教えるのに使ったり、メッセージRでは機種変更の割引クーポンが届く事もあるので、個人的には設定しておく事をお勧めする。

あとは+メッセージの対応を期待したい。

MVNOのSIMカードで利用できるかなどの疑問もあるが、それは各自確認して頂きたい。

 

 

Twitterはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください