ドコモのiPhone 8/8 PlusとP20 Proの機種変更の月々サポートが9/1(土)より増額〜家電量販店での割引の影響は

ドコモは、iPhone 8/8 PlusとHUAWEI P20 Pro HW-01Kの機種変更での月々サポートを9/1(土)より増額する。
iPhone 8/8 Plusは全ての契約形態で割引額が増額するが、MNPとFOMAからXiへの機種変更は端末購入サポートの割引額が増額となる。
機種変更はこれまで全容量とも、月々サポートは約2,400円/月だったが、約2,800円/月へ増額する。24ヶ月で総額1万円ちょっとの増額となる。
本体価格はそのままだ。

HUAWEI P20 Pro HW-01Kについても、新規と機種変更(FOMAからXiへの機種変更も含む)で月々サポートが現在の1,944円/月から2,457円/月となり、全24回の割引総額は58,968円となる。
本体価格は103,680円はそのままだ。

ここで気になってくるのが、8/31(土)で終了した家電量販店での機種変更の割引だ。
31日に家電量販店をいくつか周ってみて、9/1(土)や9/2(日)まで延長しているキャンペーンがないか確認してみたが、特にそのような案内は無かった。自分が確認できた案内は全て8/31(土)までであった。
なので翌日も確認しないと9月がどうなっているかわからない状態である。

機種変更の割引の場合、iPhone 8の64GBが実質0円、P20 Proが実質15,120円(一部店舗では実質0円)が仮に9月も行われた場合、どうなるかである。今回はコンテンツ加入などは除外し、金額の面だけで考える。

まず、iPhone 8の64GBは、
本体価格が88,776円、現在の月々サポートが2,403円/月が486円/月増額の、2,889円/月(全24回の総額69,336円)となる。
実質価格は88,776円ー69,336円で、実質価格は19,440円となる。
これを従来同様、仮に実質0円が行われるのであれば、月々サポートが増額したため、店頭での割引が減ることになる。
これまで店頭では実質0円にするため31,104円割引していたが、9/1以降は19,440円の割引に減ってしまう。
なので、こちらが店頭で一括払いする場合の本体価格は、これまで57,672円だったところが69,336円に上がってしまう。

実質0円は、月々サポートが高額だと店頭の値引きが減り、月々サポートの金額が低いと店頭の割引が増える関係にある。
月々サポートも高額で、店頭の割引も多いという、虫の良い話にはならないのが残念なところだ。
(昔は新規19,800円で月々サポート2,400円/月などもあったのだが)

 

続いて、P20 Pro。上記でも既に紹介したが、これまでの月々サポート1,944円/月(全24回で総額46,656円)から2,457円/月(全24回で総額は58,968円)となる。

これまで実質価格は本体価格103,680円ー46,656円で57,024円だが、最終的に実質15,120円にするため、店頭で41,904円が割引されていた。なので店頭では61,776円支払えば良かったが9/1以降は、
本体価格103,680円ー58,968円で44,712円だが、最終的に実質15,120円にするため、店頭で29,592円の割引となり、店頭での支払いは74,088円となる。

結局iPhone 8とP20 Proも店頭での支払額は今回の増額分だけ1万円前半の値上げとなる。

実質負担金は変わらなくとも、月々サポートの金額が高額の方が良いか、その場で支払う本体代金が安くなるのが良いか、どちらが嬉しいかは人によるだろう。
9/1以降どうなっているか確認出来次第また紹介したい。

 

Twitterはこちら