9月もヨドバシカメラ、ビックカメラなどでドコモの iPhone 8の64GBの機種変更で実質0円継続を確認、30日(日)まで〜店頭での割引は減額に

9月もヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機において、ドコモの iPhone 8の64GBが機種変更で実質0円(1円)が継続している事を確認した。

先日紹介した通り、9月より月々サポートが増額で2,889円/月となり、機種変更の実質0円がどうなるのか懸念していた。
しかし、3店舗とも30日(日)まで継続のようで、珍しくヨドバシでも9/30(日)までとはっきり案内している。

実質0円の考え方も、こちらの記事をの iPhone 8の箇所を参照してもらいたいが、
本体価格が88,776円、現在の月々サポートが2,889円/月(全24回の総額69,336円)となる。
実質価格は88,776円ー69,336円で、実質価格は19,440円となる。
実質0円にするため、実質価格は19,440円を店頭から割引する。
なので、こちらが店頭で一括払いする場合の本体価格は、69,336円となる。

ちなみに8月までは月々サポートが毎月400円程低かったが、店頭での割引は31,000円程であった(本体は57,672円の支払いで良かった)。

同じ実質0円でも9月からは本体価格の支払い額はこれまでより高くなり、毎月の使用料金からの割引は安くなる事になる。


8 Plus含めた全容量の月々サポートが2,800円台/月となっている

だが、iPhone 8の場合、先日紹介したHUAWEI P20 Pro HW-01KGalaxy S9 SC-02Kと違い、家族まとめて割の案内がない事に後から気付いた。ヤマダもなかった気がする。


ヤマダは入り口に大々的に案内されていた

 


左の金額内訳に家族まとめて割の記載がない(P20 ProやGalaxy S9にはあった(後日紹介予定))

 


妙に案内もスッキリしている

 

そろそろ新型 iPhone登場のための最終処分なのだろうか。
現地時間の12日(水)の10時(日本では13日(木)の深夜2時)からスペシャルイベントが行われ、新型 iPhoneの発表がほぼ確定的となっている。

なのでキャンペーン自体は30日ではあるものの、新型 iPhone発表日・発売日以降に何か変化があるかもしれない。
現時点の条件で購入できるのはひとまず12日までなのだろうか。

Twitterはこちら