ヨドバシカメラでドコモのV30+ L-01Kが機種変更とMNPでも実質0円となっている事を確認〜10/31(水)まで、MNPでの月々サポートは意外と高額

先日のM Z-01Kに続き、ヨドバシカメラでドコモのV30+ L-01Kが機種変更とMNPで実質0円となっている事を確認した。ちなみに確認時点ではビックカメラやヤマダ電機では確認できなかった。
期間はどちらも10/31(水)まで。

まず機種変更から。

本体代金102,384円(頭金3,240円込)で、月々サポートが全24回の総額が60,264円(2,511円/月)なので実質価格42,120円となる。
その実質価格分を店舗で値引きをする事で実質0円となる。
なので、こちらが一括で支払う代金は60,264円となる。

Galaxy S9やP20 Proで見られる家族まとめて割の条件はなさそうだ。

続いてMNP。こちらはM Z-01Kの時とは違い、端末購入サポートで一括0円ではなく月々サポートが適用されての実質0円となる。

こちらも家族まとめて割の記載はなかった。
本体代金102,384円(頭金3,240円込)で、月々サポートが全24回の総額が83,592円(3,483円/月)なので実質価格18,792円となる。
その実質価格分を店舗で値引きをする事で実質0円となる。
なので、こちらが一括で支払う代金は83,592円となる。
MNPの月々サポートは、HUAWEI P20 Pro HW-01Kより少し低いが、3,000円台/月と高額となるため、店舗の値引きは機種変更の時より少なくなってしまう。
以前も紹介したが、前からMNPでの月々サポートは高額であった。

本機はGoogleのVRのDaydream対応、18:9の縦長の6インチの有機ELディスプレイ、広角カメラ搭載のデュアルカメラ、RAM4GB、ROM128GB、Quad DAC搭載、MIL規格にも準拠(14種類の耐久試験をクリア)したタフネスさも備えており、本体の重量も6インチクラスの場合180g前後が多い中158gと軽量である(先日発表されたシャープのAQUOS zeroは6.2インチで146g)。

スペック面ではディスプレイ、カメラ、音楽、タフネスと、軽量など、スペック面では申し分ないのだが、何故かさほど人気がない不遇な機種と言える。
ドコモの売り方もあまり良くないとも言える。

興味があればこの機会に検討してみてはどうだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

Twitterはこちら