mineoで通信の最適化を非適用に設定可能に、手順を紹介〜一方最適化の適用時間は拡大に

mineoを運営するケイ・オプティコムは、以前より行なっていた通信の最適に対して、適用・非適用の選択を行える設定を追加した。
9/27(木)の15時から利用できるようになっている。
以下、スマートフォンからの最適化非適用の手順。
まず、マイページにログインする。画面はログイン後からとなる。


1.「登録情報の変更/サポート」を選択する

 


2.メニューが開くので「通信の最適化設定変更」を選択する

 


3.初めて設定する場合、状態が「適用」となっている。これを「非適用に変更」を選択する

 


4.受付が完了し、1分程度で反映される

すぐに1つ前の最適化選択画面に戻っても、現在選択が反映されていませんというような表示が出るのでちゃんと1分は待ちたい所だ。

以下、最適化非適用状態の画面。

「非適用」となっている事が分かる

あまりする人はいないと思うが、最適化を適用したい場合は手順3の「非適用に変更」の部分が「適用に変更」となっているので、そこを選択すると適用されるはずだ。

その他の注意点を抜粋すると、

 ・一旦最適化の設定変更を行った場合、再度、設定変更可能な状態となるのは約1時間後になりますので、予めご了承ください。
・毎月1日のAM0:00~AM4:00はメンテナンス時間のため、設定変更を行うことができません。

なお、プレミアムコースや法人のお客さまについては、「通信の最適化」は一律非適用となっており、お客さま側で適用/非適用を変更することはできませんので、予めご了承ください。

となっている。

 

最後に最適化の選択設定機能追加に伴い、10/15(月)より最適化の適用時間がこれまでより拡大される。
以下、抜粋。

【変更実施時期】
2018年10月15日(月)より

【変更内容】
〇変更前
平日:7:30~8:30、12:00~13:00、18:00~19:00
土日祝日:終日適用なし

〇変更後
平日:7:30~9:00、12:00~13:00、17:30~20:00
土日祝日:終日適用なし

土日祝日はこれまで通り適用なしだが、朝は30分、夜は1時間、適用時間がこれまでより延びてしまう。
この時間に特に利用が多い人は是非とも非適用設定を行っておきたい。

通信の最適化選択機能の実装完了と適用時間の変更について

「通信の最適化」の実施にあたって、事前に契約者に説明ができていなかったmineoだが、今回非適用にも設定できるようになり、リンク先の内容でも最後に謝罪している。
今後もトラフィック状況を確認しながら定期的・継続的な回線増強を行う事に努めていくとの事だが、個人向けMVNOとしてはトリプルキャリアで展開している珍しい会社なので、au回線でしかサービスしていなかった頃から使用している(使っていなかった時期もあるが)ユーザーとしては、つまらない所で評価を落としてもらいたくないのが正直な所だ。

以前も書いたが、現在mineoはソフトバンク回線を取り扱いを記念して、音声プランに新規で申し込むと、500MBコースの場合、6カ月間333円(税抜)/月で利用できる「祝 トリプルキャリア!3つそろって333キャンペーン」を11/6(火)まで行っている。
ソフトバンクプラン取り扱いキャンペーンではあるものの、auプラン、ドコモプラン、ソフトバンクプランどれでも全て対象となっている。

音声プランでもMNPを伴う解約でない場合、最低利用期間がないので解約金もかからない。
しかし、MNPで転出する場合は以下。

ただし、ご利用開始月の翌月から12カ月以内に携帯電話番号ポータビリティー(MNP)転出される場合は、MNP転出手数料12,420円(税込)を申し受けております。

13カ月目以降は、MNP転出手数料が2,160円(税込)となります。

10/1(月)からはMNP転出手数料が一律2,000円となり、利用開始月及び、利用開始翌月から12カ月の間にMNP転出する場合は、別途MNP転出時契約解除料なるものが9,500円発生する。
さらに2019年10/1(火)以降はMNP転出手数料が一律3,000円となってしまう。
この点には、短期でMNPを検討している場合は注意が必要だ。

一時的にmineoはユーザーを失望させてしまったのは否めないが、それでもキャンペーンで安く使ってみようと検討している人は以下から申し込める。

 

 

Twitterはこちら