雑誌「SIMフリー完全ガイド」が発売〜mineoのSIM割引コードも付属

晋遊舎から11/21(水)に、SIMフリー完全ガイドが発売された。
注目は、付録としてmineoの契約事務手数料が無料、データ容量が6ヶ月間2GB増量のコードが付いてくる事だろう。

エントリーコード は1年間有効で、2019年の11/30(土)までに申し込めば良い。
なお、本誌にSIMカードが付いてくる訳ではなく、申し込み後の発送となる。
嬉しいのは、こういう付録ものは音声SIM契約が条件の場合があるのだが、今回のmineoのコードはデータSIM契約も可能となっている。
データSIM契約だからといって、特典が対象外になるという事もなさそうだ。データSIMの場合は極端な話、使っていて気に入らなければ数ヶ月で解約も可能だ。
今回のコードはmineoの他のキャンペーンとの併用も可能との事だ。


付録のコードは本誌の真ん中辺りに挟み込まれており、ハサミで切って開封する必要があるので万引きできないようになっている

mineoでは9月からソフトバンク回線の提供開始、10月にはau回線でのiPhoneのテザリングにも対応した。もちろんドコモも対応している。また、auやソフトバンクは最近の機種に限るが、SIMロック解除がなくてもそのキャリアに対応した回線ならテザリング含め利用できる(ドコモは元々利用可能。テザリングは古い機種では不可)。
MVNOでは珍しいトリプルキャリア対応なので、多くの人が利用できるだろう。ソフトバンク回線では、11/29(木)よりVoLTE通話対応も開始する。

一方で通信の最適化も10月から実施しており、気になる人もいると思うが、こちらは非適用にも設定できるので、嫌な人は変更しておくと良いだろう。
設定の手順は以下を参考。
mineoで通信の最適化を非適用に設定可能に、手順を紹介〜一方最適化の適用時間は拡大に

 

本誌の内容にも少し触れておくと、格安SIMの事業者別の評価がランキング形式で紹介されている他、初心者が格安SIM・スマホに対する疑問をQ&A形式で100個解答している。
iPhone XS/XS Max/XRの比較・検証特集もある。もちろん最新のiPhoneでも格安SIMは利用可能だ。
少々マニアックな所では、海外でも安心してプリペイドSIM8選やDSDS入門なども掲載されている。

データSIM契約の場合500MBでドコモとau回線は月額700円から、ソフトバンク回線では月額790円から利用可能となるので、検討している人にとっては良い機会なのではないだろうか。
自分も既に1冊購入した。

購入は以下から。
完全ガイドシリーズ230】SIMフリー完全ガイド (100%ムックシリーズ 完全ガイドシリーズ 230)

 

また、mineoでは12/9(日)まで紹介キャンペーンを行なっており、紹介した側、紹介された側の両方にAmazonギフト券1,000円分がプレゼントされる。
付与時期に関しては、課金開始月から3ヶ月目で、その月末までにマイページにプレゼントされるようだ。
以下、抜粋。

○ ご紹介先の課金開始月の翌月に入金確認でき、かつ、ご紹介元が利用中である場合に限り、特典付与の対象となります。
○ 弊社での課金開始月を1カ月目とした3カ月目を特典付与月とし、その月末までに、mineoマイページ(my.mineo.jp)にてプレゼントいたします。

mineo紹介キャンペーンの詳細(適用条件等)

 

ここのリンクから申し込んだからといって、申し込み側の個人情報がこちらで分かるような事はなく、紹介状況のみ確認できるようだ。


特典付与済 / 適用待ち/適用外件数のみ分かるようになっている

万が一、個人情報がこちらから確認できるようならまた追記して状況を記載する。

通常の申し込みはこちらから。エントリーコード の入力を忘れないよう注意したい(特典が受けられなくなる)。
あなたのスマホそのままで使える!mineo


右枠の赤枠部分を選択して、コード入力を忘れないようにしたい

 

 

Twitterはこちら