いよいよ4/7(水)まで、楽天モバイルのプラン料金(Rakuten UN-LIMIT VI)1年無料キャンペーン

楽天モバイルでは4月から1GBまでは0円の「Rakuten UN-LIMIT VI」が適用開始となった。
自分も契約しているが、既にこれまでのRakuten UN-LIMIT ⅤからVIに切り替わっていた。

 

既に300万回線を突破した楽天モバイルであるが、これまで1年料金無料となっていたが、300万回線を超えた時点で無料キャンペーンの期限が設けられた。
いよいよ4/7(水)23:59までとなる。

 

楽天モバイル

この新プランでも、新たに契約する人はどれだけ使っても1年は無料となる。



楽天モバイルは2020年の4月に正式スタートとなったのだが、そろそろ最初の方に契約した人は無料期間が終了してしまう。
1GBまでは0円なので、無理に解約する必要もなさそうであるが、3GBまでだと月額1,078円、20GBまでは月額2,178円となっている。
サービスエリアはさらに限られるが5Gにも対応する。

通話はRakuten Linkを使えば無料で利用でき、低容量(3GB程度)使用ならMVNOの新料金プランを利用すれば安く済む(少々面倒であるが)。

最近では一部の都市部ではau回線が利用できるパートナーエリアは終了しているという。

自分もAQUOS sense5Gでテザリングして利用しているが、地下街の行き来や駅の構内からホームや改札に行くまで、某家電量販店のエスカレーターなどでは通信が詰まる経験をしている。

楽天モバイル自社エリアとの自動切り替えが上手く行っていないのか、楽天の電波がそこまで届いていないのかはよく分からないが、きちんと利用したい場合は、楽天モバイル販売の機種や、動作確認が取れている機種を買った方が良いだろう。
どこぞのSIMフリースマホでも使えないわけではないが、楽天とau間の回線自動切り替えやAPN設定やSMS受信不可などがある。

 

また、1GBまで0円なので複数回線契約しようと思っている人もいるかもしれないが、その場合、2回線目は0GB〜3GBまで月額1,078円からとなる。



【4/1(木)〜】楽天モバイルが料金プランをデータ量1GBまでは利用料0円からに変更、しかし適用は1回線目のみなので注意

さらに「Rakuten UN-LIMIT VI」発表の時もセールが行われていたと記憶しているが、その時に契約して人は配送が遅延だったり、問い合わせしても中々繋がらないなど経験した人もいるかもしれない。

その他、自分も2回程食らったが、本体付与されるはずのポイントが予定の時期に付与されなかったという付与漏れもあったりする。

楽天モバイル、Rakuten UN-LIMITオンライン申し込みキャンペーンで一部契約者にポイント付与漏れ、お詫びメールが届いた〜11/18(水)付でポイント付与に

またもや楽天モバイルからポイントの付与漏れのお詫びメールが届いた、3/5(金)付けで付与

 

メインで利用するには心許ない部分もあるが、1年無料なので、サブ回線や2台目機種で利用するにはお勧めだ。
個人的にはメイン回線をMNPで契約するより、追加で契約した方が良いだろう。

まだ契約していない人で興味のある人は期限が迫ってくると、混雑も予想されるのでなるべく早めに申し込んでおいた方が良いだろう。
既に現時点でも配送は通常よりも時間が掛かっており、数日もしくは1週間程かかる場合があると案内されている。

現在SIMのみ契約でも5,000ポイント、端末とのセットは最大で25,000ポイント還元となっている。

【2/3(水)〜】楽天モバイルでスマホセット購入で最大25,000ポイント還元、SIMのみ契約でも5,000ポイント還元

 

現時点では売り切れ、入荷待ちの機種が多いが、気になった機種があれば購入してみてはどうだろうか。
上でも書いたが楽天モバイル販売の機種でないと利用が若干不便になる場合もある。

楽天モバイル



 

 

Twitterはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください