ビックカメラでBIC SIMでアシストオプション適用でOPPO R11sが持ち帰り価格100円〜11/30(金)まで

以前から紹介している、BIC SIMのアシストオプション適用シリーズだが、OPPO R11sが持ち帰り価格で100円となっている事を確認した。

ビックカメラでBIC SIMとアシストオプション適用でOPPO R15 Neo(メモリ4GB版)が持ち帰り価格100円〜11/30(金)まで ※追記あり
R15 Neoの他にビックカメラでBIC SIMでアシストオプション適用でZenFone Max Plus M1が3,980円、ZenFone 4 Max Proが100円〜11/30(金)まで

期間は11/30(金)まで。


通常価格は57,880円とR15 Neoより発売は前だが価格は高い

アシストオプション適用なので、100円の持ち帰り価格以外に毎月の機種代金が1,500円×24ヶ月(36,000円)が発生するが、割引が625円×24ヶ月(15,000)が適用されるので、総額21,100円となる。
以前紹介した機種とは違い、24ヶ月払いとなっているが、12ヶ月払いも可能なのだろうか。

毎月の基本料金はデータ容量3GBの1,600円からなので、24ヶ月までは875円(1500円-625円)と合わせて2,475円からの支払いとなる。

本機は2018年2月のOPPOの日本参入第1弾機種で、それなりのスペックを備える。

以前もアシストオプション適用だったR11sだが、持ち帰り価格の金額はかなり安くなっている。

Twitterはこちら