【在庫限り】ヤマダ電機でソフトバンクのXperia 5 Ⅱが端末のみでも3万円還元〜21:9マルチウィンドウでスポーツ中継視聴に便利

先日ヤマダ電機でソフトバンクのXperia 5 Ⅱが全ての回線契約で50,000円還元を紹介したが、端末のみ購入でも30,000円還元が行われている。

店頭在庫限りのキャンペーンのようで、案内のない店舗もある。
※9月も実施を確認
※8月も実施を確認

1人1台限りと書かれている。

 

通常機種代金115,200円で機種代金からの値引きが33,000円、商品券・現金キャッシュバックは30,000円となるが、値引きに使った方が良いだろう。




値引きに使うと82,200円となる。ちなみにau版は88,140円、ドコモ版は99,000円、SIMフリー版は最近値下げして108,900円となっている。

SIMフリー版Xperia 5 Ⅱが108,900円に値下げ、ソニーストアでは5,000円オフクーポンも利用可能

ドコモ、auに比べて元々の機種代金が高いので、iPhone SE(第2世代)やPixel 4a/4a(5G)、AQUOS sense5Gで行われていた端末のみでの割引より高い3万円引きであっても、それ程有り難みがないのが正直な所だ。

対応周波数も他社のプラチナバンドに非対応、5Gも一部のみ対応だ(ドコモだと5Gは使えるのだろうか)。

「機種別対応周波数一覧」をみる|ソフトバンク  ※PDFファイル

 

もちろん、ソフトバンク、ワイモバイル、LINEMO、ソフトバンクのMVNO回線利用なら問題ない。他のキャリアの回線で使いたいと思わなければ何の支障もない。




ソフトバンクではSIMロック解除して渡してくれるようになっているので、ワイモバイルやLINEMOで使いたい場合も解除する必要がなくなっている(何故同じ会社で解除手続きが必要なのかという疑問もあるが)。

【メモ】ソフトバンクが5/12(水)以降購入機種のSIMロックを解除した状態での販売を案内

 

現在某世界的スポーツの大会開催中であるが、Xperiaは2019年よりデザインを刷新し、21:9のディスプレイを搭載しておりマルチウィンドウが使いやすい。また、他社のマルチウィンドウよりも画面分割時の比率調節が細かくできる。
上画面にレコーダーアプリやNHKプラスや動画を表示し、下画面にSNSやブラウザなどを表示すれば便利に使えるだろう。

残念ながらワンセグ/フルセグはないので、動画配信系アプリだと通信量が発生してしまい、契約している料金プランによっては出先でデータ量に気を遣う必要が出てくる場合がある。

Xperiaでは最新のXperia 1 Ⅲもワンセグ/フルセグ非搭載のため、現時点で最後の搭載機種はXperia 1 Ⅱとなっており、ドコモやauでは既に店頭購入は困難であるが、ドコモのahamoでは7万円台から購入できる。現在MNPなら3,000ポイント還元となっている。詳細は以下。

【要エントリー】ahamoにSIMのみMNPでdポイント7,000ポイントプレゼント〜8/15(日)まで

ワンセグ/フルセグは通常はマルチウィンドウ非対応だが、設定からビルド番号連打で開発者オプションを表示させ、アクティビティサイズを変更可能にすれば利用できるようになる(表示手順の詳細は各自で調べて頂きたい)。




興味のある人はこの機会に購入してみてはどうだろうか。

 

端末だけ購入したら、ワイモバイル、ソフトバンク回線のMVNO各社で利用するのも良いのではないだろうか。
MVNOは4月から料金が値下げしているところもある。さらに一部では5Gにも対応している。

Y!mobileオンラインストア  ※MNPで最大7,000円分PayPayボーナス。こちら

格安スマホはmineo

通信量に合わせた価格設定!nuro mobile

 

先日よりソフトバンクからワイモバイルへの移行も簡素化されている。

【8/18(水)〜】ソフトバンク 、ワイモバイル等に乗り換え時にMNP予約番号不要に、自動でSIMロックも解除に〜ワイモバイルは9月の基本料1ヶ月無料も

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください