ヨドバシカメラでauのiPhone Xの64GBがMNPで54,000円引きの実質0円で案内している事を確認〜ただし条件には注意

ヨドバシカメラでauのiPhone Xの64GBがMNPで最大54,000円引きの、実質0円で案内している事を確認した。
そろそろ在庫処分の時期なのだろうか。
以下、写真。

今回は年度末のような「一括0円」ではなく「実質0円」である。
初めに見た時驚いたが、条件を見ていくと幾分残念な面もある。

内容は、スマートバリュー加入、下取りなどいつものiPhone 8のMNP一括0円と同じようなものだが、スマートポート契約はこちらにはない。
店舗によるのかもしれないが、iPhone 8の場合と異なるのは、最初の1ヶ月だけはピタットプランではなくフラットプランに入って欲しいと店員に言われた事だ。

また、下取りだが、iPhone 8の一括0円の場合は、春頃からはiPhone 7シリーズを想定した30,000円以上の下取りと、中々えげつなかったが、こちらはiPhone 6sシリーズの下取りで良く、14,000円程となっている。リセールバリューから考えると、Androidの場合もiPhone 6sより少し新しい時期の機種ならばこの下取り額になるのではないだろうか。

そして、実質0円の要となる部分がアップグレードプログラムEXに加入だ。これが64,080円引きなのだが、これは今話題の4年縛りで、25ヶ月目に現在の機種(今回でいうiPhone X)を下取り出せば、本体代金が半額で済むというオプションだ。このオプションに加入の場合、支払いは分割払いとなる。(聞いてくるのを忘れたが、その場合、割引きは商品券やヨドバシポイントになるのだろか)
iPhone Xの本体代金が128,160円程なのでその半額が64,080円となる。
実質0円の案内としてこれを含めるのは流石に少しずるくないだろうか。

ただ、このアップグレードプログラムEXは加入しなくても54,000円の割引は受けられるとの事だった。

一括で購入する場合、支払いは本体代金128,160円から店舗割引き54,000円を引くと、74,160円となる。まだまだ高いが、iPhone Xがこの価格だと安い方なのではないだろうか。
下取りがiPhone 6sの場合、さらに14,040円の割引きとなる。

分割払いの際の、店舗の割引きの方法を聞いてくる事を忘れたのが悔やまれるが、下取りなしでも条件さえ満たせば54,000円引きになるのは大きいのではないだろうか。そこからさらに安くするには、下取り機種をできるだけ最新の機種で行う、ヨドバシやauのポイントを使うくらいだろうか。

なお、この割引きは256GBにも可能との事なので、その場合、販売価格の差額分が上乗せされる。64GBとの差額は20,000円程となるので、下取りやポイントを使わない場合、90,000円台にはなってしまうが。

ただ、今後は新型iPhone発売によりiPhone Xが安くなり、さらに買いやすくなる可能性もある。特にMNPだと条件緩和や購入サポート適用もあり得る。
もっともアップルが新型iPhone発表と同時iPhone Xを販売終了にしてしまうと、在庫限りにもなってしまうが。

自分が聞いた店舗では、期間は取り敢えず盆休み辺りまでと言われた。月末まで行われれる事を願いたい。
ビックカメラやヤマダ電機でも同様のキャンペーンが確認できたらまた報告したい。

 

 

Twitterはこちら