【メモ】かながわPayでd払い残高やポイント充当での利用には事前設定が必要

5月で一旦終了したかながわPayであるが、自分も貯めていたかながわPayのポイントが残っていたので、先日ポイント消費を行った。

今回の買い物では、かながわPayのポイントだけでは不足分していたため、残りの支払いはd払いを選択した。
※かながわPayの決済方法に関してはこちらを参照。

d払いを選んだのは、先日より赤い銀行からの残高チャージにも対応し、キャンペーンが行われていたからだ(キャンペーンは5月で終了)。

三菱UFJ銀行のd払い利用で最大1,000pプレゼント

 

d払いをドコモの電話料金と合算請求から残高払いに変更し、キャンペーン対象の5,000円以上を既にチャージしていた。

その残高とかながわPayのポイントを合わせれば、追加の出費なしで買い物ができると考えていた。

 

 

そして、かながわPayでd払いを選択して買い物した。ところが買い物後にd払いアプリで残高を確認した所、残高が減っていない事に気付いた。

表示の反映が遅れているだけなのかと思ったが、何かおかしいと思って、かながわPayのアプリを開いてみた。

d払い利用時の注意のお知らせがあった事を思い出したので、それを確認してみた。

以下、抜粋。



かながわPayにおけるd払いの決済方法は、「随時決済」となります。
「随時決済」のご利用には、初回お支払い時にd払いへのログインが必須となります。
お支払い前でもかながわPayの「アカウント」ページから事前登録(自動ログイン設定※)が可能ですので、事前に登録することをおすすめいたします。
なお、かながわPayアプリのアップデートをした場合、自動ログイン設定が解除される場合がございます。
アカウントページをご確認いただき、設定が解除されている場合は、お手数ですが再度「自動ログイン」を設定いただきますようお願い申し上げます。

かながわPayのお支払にd払いをご選択された場合、d払いアプリ、ウェブサイトには画面上遷移せず、かながわPayアプリ内で決済が完了となりますのでご了承ください。

また、「随時決済」においてdポイントやd払い残高をご利用される場合は、事前に設定が必要です。
下記URLの随時決済箇所以降をご確認いただき、設定をお願いいたします。
https://service.smt.docomo.ne.jp/keitai_payment/site/usage.html
※アカウント→「自動ログイン」設定する で設定いただけます。

d払いご利用時の注意点

 

理由としては、d払い残高で購入時には、設定変更が必要だったという事になる。
自分の場合、それをしていなかったため、電話料金と合算して支払いになっていたものと思われる。

かながわPayは「随時決済」と呼ばれる決済方法であり、「利用者から事前の承諾を1回取得した後に、加盟店が任意のタイミングでお支払いを発生させる決済」と書かれているが、要するにAmazonなどで利用する場合と同様だ。

Amazonでもdポイントなど使いたい場合は事前に設定から変更しておく必要がある。これは以前から知っていた。

以下、設定画面。見たことのある人もいるのではないだろうか。

dポイントの利用設定| NTTドコモ

 

赤枠部分を選択しておかないと残高払いできない。dポイントを使いたい場合も同様に別途選択が必要だ。dポイントは全て利用、または期間・用途限定タイプのみ利用の選択ができる。自分でポイント数を指定して利用はできなさそうだ。

 




かながわPayのd払いについての注意は、自動ログインがどうのこうのの話が以前あったので、それの事だと思って見逃していた。

結局、もう1度レジに戻って支払い方法が想定通りのものではなかった旨を説明して、再度支払いのやり直しをさせてもらった。
2回目は無事想定通りの結果となった(対応して頂いた店員さんには感謝)。

 

夏にはまたキャンペーンを行う事が既に案内されているので、その時もd払いが対象になっていても、変更点や改善点がなければ、d払いでポイント充当や残高払いを検討している人は、注意しておきたい。

【4/15(金)〜】かながわPayの70億円還元が予算到達でポイント付与終了、ポイント利用は5月末まで〜夏には第2弾実施の案内も

 

d払いアプリのダウンロードは以下から。

d払いなら、支払いのたびにdポイントがザクザクたまる!ポイント還元キャンペーンもたくさん!ドコモ以外の方もご利用OK

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください