名古屋のヤマダ電機でiPhone 7、AQUOS sense2 、Galaxy Feel2等docomo with5機種が一括0円を確認〜5/31(金)で新規受付も終了へ

先日、名古屋のヤマダ電機において、ドコモのdocomo with対象5機種がMNPで一括0円を確認した。
期間は5/31(金)まで。確認できた機種は以下の5機種。

iPhone 7 32GB:42,768円→一括0円

AQUOS sense2 SH-01L:31,752円→一括0円

Galaxy Feel2 SC-02L:42,120円→一括0円

arrows Be F-04K:33,696円→一括0円

LG style L-03K:40,176円→一括0円

全て、店舗特別割引が適用されて一括0円となる。

案内には詳細な条件等は記載がなかったが、頭金やオプション加入はあるかもしれないので確認が必要だ。

ちなみに該当する人は少数だとは思うが、docomo withは毎月1,500円割引であるが、SPモードを契約していないと1,200円割引に変更されてしまう点には注意が必要だ。

 

都内では4月までMNPで30,000円還元が行われていたが、5/1(水)は立ち寄った店舗では確認できなかった(これから実施されるのかもしれないが)。

東海地方のヤマダだと今回のような一括0円が行われているのだろうか。検討している人は立ち寄ってみてはどうだろうか。

 

なお、以前から度々紹介しているが、新料金プランが発表され、6/1(土)から提供開始されるのに伴い、docomo withも5/31(金)で新規受付は終了となる(現在の契約者が6月になったからといってすぐに割引が廃止になる訳ではない)

ラジオNIKKEI第1で5/2(木)20:20〜20:50に放送された「石川温のスマホNo.1メディア」(毎週木曜放送)の「端末代と通信費の分離プランスタート。NTTドコモ、新料金プラン発表」 の特集において、ゲストのNTTドコモの経営企画部料金制度室の方が、「新しいプランが出た後に発売された新しい機種を購入する場合、端末補助がないので定価で購入してdocomo withは継続できる」と述べている。

今回の放送は以下から聴取可能となっている。

2019.5.2・第240回「端末代と通信費の分離プランスタート。NTTドコモ、新料金プラン発表」|石川温のスマホNo.1メディア ラジオNIKKEI

また、放送から1週間はradikoのタイムフリー、またはラジオクラウドでの聴取可能となっている。

ただ、何らかの端末購入補助も検討しているという事なので、内容は新サービス・新製品発表での発表に期待したい。

詳細は不明なものの、現時点ではドコモの新料金プランがあまり安くならないという事もあってか、駆け込み需要が発生していると言っている店舗も一部であり、月末になると在庫がなくなっていたという状況もあり得るので、購入を検討している人は早めに動いておきたいところだ。

 

 

 

 

 

 

Twitterはこちら