ドコモの夏モデル購入の際にドコモショップ等販売店の頭金の金額に注意〜あくまで機種代金に上乗せ、値上げにも注意

6/1(土)からドコモの夏モデルがいくつか発売になり、その後も続々と販売されるが、店頭で購入する場合、注意したいのは頭金である。
特にドコモショップでは頭金が店舗によって異なり、0円の店舗もあれば、5,400円、8,480円、10,800円、中には14,040円や最近では16,200円という店舗も見た。大手家電量販店では3,240円という店舗が多い印象だ。

頭金は新しい販売方法が導入される6月からも存在するようだ。
以下、6月発売予定のXperia 1の機種代金の案内。


頭金の金額は購入前によく確認しておきたい。36回分割の案内もされている

既に知っている人もいるかだろうが、この頭金、例えば100,000円の機種に10,800円の頭金が設定されていた場合、残りの機種代金は、頭金の金額を引いた89,200円が残りの支払う金額となると思う人がいるかもしれないが、携帯業界の頭金はあくまで「機種代金+頭金」なので、機種代金100,000円と頭金10,800円で110,800円を支払う必要がある。

中には有料オプション加入で頭金が0円、またはいくらか安くなったりする場合がある。

頭金の金額は発売時期の機種で異なる場合もある。

このような買い方が嫌な場合、頭金が0円のドコモオンラインショップをお勧めする。ドコモオンラインショップの場合、事務手数料も0円となっている。余計な有料オプションの加入も必要ない。
ただ、これから出てくるかは不明だが、いわゆる一括0円販売等は店頭販売が多いため、一概にオンラインショップが良いかと言うと、個人的には疑問ではある。

ただ、家電量販店のポイントや商品券等を持っている場合、もちろんドコモのオンラインショップでは利用できないので、とにかく安く買いたいのであれば、手持ちのポイント等がいくら残っているかで変わってくるが、頭金や事務手数料以上のポイント等持っているか確認しておきたい所だ。
家電量販店なら10%のポイント還元等もあったりする。
ちなみにdポイントはドコモショップ、ドコモオンラインショップ、家電量販店問わず利用可能だ。

ただ、最新機種の場合、いきなり安売りはほとんどないので、純粋な金額だけの比較ならドコモのオンラインショップが安く済むだろう。

これまで夏モデル(Android)の話をしてきたが、iPhoneはどうかと思う人もいるかもしれない。iPhoneなら頭金0円だったはずと思う人もいるだろう。
確かに数年前ではドコモのAndroidスマートフォンは頭金があり、iPhoneは頭金0円だった事もあったのだが、今では特にAndroidとは差がなく、平等に頭金が発生する。ドコモショップであれば10,000円前後で設定されている店舗もある。


iPhoneも頭金が設定されている店舗が多い

また、夏モデル登場のタイミングで、これまでの頭金の金額が値上げしている場合もあるかもしれないので注意したい(下がっている場合もあるのかもしれないが)。

もちろんこの程度の金額は別に大した事ない人、近所に店舗が1つしかないのでどうしようもないという人もいるかもしれないが、可能ならばいくつか店舗を周ってみて、なるべく頭金が安い店舗を探した方が良いだろう(特典等が豊富であれば別だが)。

ドコモ本体とドコモショップ代理店の契約関係がどうなっているのかは不明だが、頭金商売に関しては、このような部分から収入を得ないと経営が立ち行かなくなっているという苦しい事情もあるのかもしれない。


予約受付が停止になったHUAWEI P30 Pro HW-02L

 

 

 

 

 

 

 

 

Twitterはこちら