iPhone XS Max/XRの純正バッテリーケースが展示されていたので見てきた〜重く分厚くなるのを許容できるか

先日販売が開始された、アップル純正のiPhone XS/XS Max/XRの純正バッテリーケースだが、アップルストアで展示もされていたので見てきた。

 

以下、iPhoneXS Max用。


Lightning端子の上に小さなランンプがある


ホワイトはボタン部分は色が異なる


背面

実際に装着してみようと思ったが、本体背面にガラスフィルムを貼っているため、装着できても外せなくなりそうだったので、やめた。

以下、iPhone XR用。こちらは実際に装着してみた。

XS MaxとXRは元々本体サイズが大柄な事もあってか、やはり握ってみると背面のバッテリー部分の厚みのせいで、重く分厚くなる。恐らくケース込みでは300gは超えると思われるので、本体サイズで賛否のあるXperia XZ2 Premiumの厚みや重さ以上のものとなるだろう。

下部の厚みを比較。普段使いにこの厚みが耐えられるだろうか

前回も書いたが、XSならまだ分かるが、十分バッテリーが保つであろうXS MaxやXRでこの製品が必要だったのかと思ってしまう。ゲームをするにしても腕が辛くなりそうだ。

ちなみに週末にいくつか家電量販店に寄ってみたが、店頭にまだ並んでいなかった。12月に発売となったiPhone XRの純正クリアケースが販売されている店舗はあった。

価格は共通で税別14,800円となる。

 

 

Twitterはこちら