iPhone 12 miniのアップル純正MagSafe対応クリアケースを買いました〜簡単に紹介

先日、iPhone 12 miniのアップル純正のMagSafe対応クリアケースを購入したので簡単に紹介したい。

iPhone 12 miniでは純正レザーケースは既に持っているが、MagSafe充電器を利用するため、レザーケースでは取り付けの際に跡がついてしまうという事で、家では100円ショップで購入したクリアのソフトケースを使っていた。

iPhone 12 mini用に購入した純正レザーケース、ガラスフィルム、背面フィルムを簡単に紹介

100円ショップでiPhone 12 mini用のソフトケースを買ったので紹介

iPhone 12用にアップル純正MagSafe充電器を買いました、AirPods Pro/iPhone SE(第2世代)も対応〜Xperia 1 Ⅱでも一応充電可能

 

しかしやはり100円ショップのものなので、品質はいまいちだ。

そのため、先日行われた抽選で全額還元のペイペイジャンボもあり、対象店舗でもあった某中古ショップで非常に状態の良い純正のクリアケースが売っていたので購入した。




価格は2,000円ちょっとであった。普通の新品だと6,050円するので約3分の1程の価格で購入できた。
なお、ペイペイジャンボは特に何も当たらなかった。

 

・MagSafe対応iPhone 12 miniクリアケース

 

ビックカメラ

ヤマダ電機

 

・MagSafe充電器

 



 

先日、ケースにMagSafeで装着する純正外付けバッテリーも発売された。

・Apple MagSafeバッテリーパック

 

以下、写真。

 

 




背面はMagSafe充電器を置く位置が分かりやすいデザインとなっている。このデザインが良いかは人それぞれだ。
この円状の部分は内側から埋められているので、外側はフラットだ。
内側の部分の表面は、紙の素材のようなもので保護されている。円状のデザインの下部にある楕円部分は何なのだろうか。

 

側面部分はサイレントスイッチ部分以外のボタン部分は保護されている。これは他の純正ケースと同様だ。

 

純正レザーケースやシリコーンケースとは違い、底部がiPhone 11以前の純正ケースのように大きく開いている。ここは個人的に少し残念だ。




そもそも純正ケースにクリアケースが追加されたのは、iPhone XRの時だ。

iPhone XR純正クリアケースを見てきた、アップルロゴなし〜熱心なファンはこれに4,500円出せるのか

これまではレザーケースやシリコーンケースしかなかった。XRと同時期に発売されたXS/XS Maxにはクリアケースはなかったが、iPhone 11からはProにもMaxにもクリアケースが発売された。

アップル、iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max向けに純正クリアケースを販売〜3モデルとも全て4,500円

iPhone 11 Pro Maxの純正クリアケースを見てきた〜XS Maxに装着は可能だがボタン位置にずれ

 

商品の特徴は以下。

この商品について
透明度の高いポリカーボネートと柔軟性がある素材を組み合わせた設計。iPhoneのボタンにぴったりフィットするので使いやすさも抜群です。内側も外側も表面には傷に強いコーティングが施されていて、すべての素材とコーティングは長期にわたって使用する際に黄ばみを防げるように考慮されています。
iPhone 12 | 12 Proにぴったりと装着できるマグネットを内蔵し、取り付けや取り外しは魔法のように簡単。MagSafe充電器は磁力で完璧な位置に装着できるので、ワイヤレス充電がこれまでよりもすばやく簡単に完了します。iPhoneを充電する時は、ケースに入れたままMagSafe充電器を取り付けるか、Qi規格の充電器の上に置くだけです。
ほかのすべてのApple製ケースと同様に、設計と製造の工程を通じて何千時間にもわたるテストを実施しました。だから美しいだけでなく、iPhoneを傷つきにくくし、落下からも守ります。

MagSafe対応iPhone 12 miniクリアケース|Amazon

12 mini用の抜粋だが、12/12 Proの表記となっていた。しかし機能などには違いはない。




背面のカラーをなるべく隠したくない人は選んでみてはどうだろうか。

以下、本体に装着した写真。

 

カラーはブルーなので、背面の白パーツが目立つ。正直見栄えは良くない。ホワイトなら(12 Pro/12 Pro Maxはシルバーだが背面はホワイト)目立たないのだろうか。

カメラ部分にガラスフィルムを貼っているが、ケースの方が高さがある。ケース自体、カメラ周りが少し高くなっており、机などに置くと、ほんの少しであるがカタつくが気にする程でもないだろう。

 

 




 

装着にはレザーケースより少々力がいると感じた。しっかり装着していないとケースが反ったままの可能性もあるので、最後にもう一押ししてしっかり嵌めたい所だ。

装着直前にMagSafeが反応するのか、レザーケース同様アニメーションが表示される。

ケースだけMagsafe充電器に装着した写真は以下。

 

持った感じは、素材の関係上、側面の背面側の角が手のひらに当たり、握ると少し痛く感じる。また、滑りやすくも感じた。
純正品という部分に価値を見出せなければ、6,000円は高価に感じた。もちろんしっかり本体にフィットするのだが。

これなら同じ価格で販売されているシリーコーンケースの方が手に優しいだろう。底部も保護されている。
もちろん本体の背面部分は隠れてしまうが。




・MagSafe対応iPhone 12 miniシリコーンケース – プラム

 

今回正規の価格で購入した訳ではないので、買わなければ良かったとまでは思わないが、どうしても欲しい人以外は同価格で販売のシリコーンケース、またはサードパーティー製のMagsafe対応クリアケースを検討してみるのが良いのではないだろうか。

 

iPhone 12 ケース|Amazon

ビックカメラ

ヤマダ電機

au PAY マーケット

Yahoo!ショッピング

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください