2020年に購入したスマートフォンやデジタル製品を紹介〜12月編

前回の続き。今回で最終回となる。

2020年に購入したスマートフォンやデジタル製品を紹介〜11月編

12月

◆Powerbeats Pro

ソフトバンクセレクションから半額コードの案内が届いたので購入。

WF-1000XM3の片耳を紛失したので、半額案内のあったPowerbeats Proを約1.3万円で買いました〜注文編

丁度、これまで使用していたソニーのWF-1000XM3の片耳のイヤホンを紛失してしまったのでどうしようかと思っていた頃だった。

アップルが買収したBeatsなので、アップルのデバイスとの親和性は高く、接続も楽である。もちろんAndroidでも使用可能だ。
音質についてはあまり詳しくないので、割愛するが、耳掛け式となっているので、他のフルワイヤレスイヤホンとは異なり、落ちないという安心感はある。音量調節もAirPodsやWF-1000XM3とは異なり、ボタンがあるのは分かりやすい。
電池の持ちも良いので、1日外出とかではない限り、でかい充電ケースを持ち歩く必要はないだろう。


イヤーピースは付属品の物を付け替えている

・Powerbeats Pro 完全ワイヤレスイヤホン -Apple H1ヘッドフォンチップ、Class 1 Bluetooth、最長9時間の再生時間、耐汗仕様のイヤーバッド

 

◆Rakuten Hand

店頭で実機を触ってみてサイズ感が良かったので購入。既に楽天モバイルの回線を持っていたので、機種のみ購入となる。

手続き時にケースがセットで購入できた。クリアケースは無料、レザーケースは980円程と通常り安く購入できる。
なので、レザーケースを購入した(カラーは本体色と強制的に同色となる)。
画面内指紋認証対応のガラスフィルムも購入した。

楽天モバイルのRakuten Handと専用レザーケースとガラスフィルムが届きました〜簡単に紹介

本機はeSIMにのみ対応だが、特に購入時にeSIMに変更はしていない。
先日IIJmioのお試しeSIMを設定してみた。

Rakuten HandでIIJmioのお試しeSIMを設定してみた〜初期費用1円キャンペーンも

 

iPhone 12 miniよりも横幅は狭いが縦は長く、SE(第2世代)とは縦は同じくらいだが、横幅は狭い。


左からSE(第2世代)、Rakuten Hand、12 mini、Rakuten Handのカタログ

あまり選択肢のないコンパクトモデルとしては、有力な選択肢になり得ると言いたいところだが、eSIM専用なので、大手キャリアで使えない。MVNOのIIJmioでもeSIMはまだデータ専用となる。




CPUがSnapdragon 720Gなので、ハイエンドモデルからの変更はレスポンスがややもたつく印象だ。
セット購入したレザーケースはレザー感があるのは背面だけで、それ以外はTPU素材でやや残念だ。
画面内指紋認証に対応したガラスフィルムも貼って使っているが、ややタッチの認識が悪い気がする。室内でもそうなので、歩きながら利用する屋外では、少々ストレスがたまるかもしれない。画面内指紋認証の精度もフィルムの上からではあまり良くない。

不満も書いたが、とにかく小さい機種が欲しい人は検討してみてはどうだろうか。

現在楽天モバイルの公式サイトにおいて、回線契約で実施0円で販売されている。

【1/7(木)〜】楽天モバイルのRakuten Handが遂に実質0円に、専用クリアケースも無料〜プラン料金も1年無料

楽天モバイル


以前の記事は以下。

2020年に購入したスマートフォンやデジタル製品を紹介〜1月から4月編
2020年に購入したスマートフォンやデジタル製品を紹介〜5月から8月編
2020年に購入したスマートフォンやデジタル製品を紹介〜9月から10月編
2020年に購入したスマートフォンやデジタル製品を紹介〜11月編

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください