2019年買ったスマートフォンなどデジタル機器を紹介(1月〜4月編)

2020年に入ったので、2019年に買ったスマートフォン中心に、その他一部のデジタル製品も数回に分けて、簡単ではあるがまとめも兼ねて紹介していきたい。

2018年版は以下。

2018年上半期(1月〜6月)買ったスマートフォン・タブレットなど

2018年下半期(7月〜12月)買ったスマートフォンを紹介

 

1月

◆第6世代iPad Wi-Fiモデル

通常40,000円だが、初売りでギフトカード6,000円分が付いてくるのでゴールドの32GBを購入。ヘビーに使わないのであれば価格も安いので特に問題はない。秋にはベゼルが狭くなった10.2インチ版が登場してしまった。

現在は第7世代が発売され10.2インチに画面サイズがアップし、Apple Pencil、Smart Keyboardにも対応した。

 

◆モバイルバッテリー

PSE法改正の影響で、PSEマークのないモバイルバッテリーが処分価格で販売されており、ソニーの10,000mAhクラスのものが2,000円程で販売されていた。容量違いのものをいくつか購入した。

ヤマダ電機でソニーのモバイルバッテリーが大幅安売り、3400mAhは580円から、5000mAhも1,000円以下

ヤマダ電機でのモバイルバッテリー安売りにパナソニックのAC充電対応モデルも確認、980円〜ソニーのモデルも値下げ

 

◆ドコモ版Google Pixel 3

ヤマダ電機で機種変更でも10,000円引きを行っていたのでポイントやPayPayなどを併用して購入。カラーはブラック、ドコモ版は64GBのみ用意されている。比較的コンパクトな画面サイズで、軽く扱いやすく、ソフトウェア処理によるカメラ性能で世間に驚きを与えた1台だ。特に夜景はモードに驚かされる。

当初の機種代金は9万円台だったが、9月に2万円台で販売され激震が走る。Googleの作ったスマートフォンのため、ソフトウェア更新やバージョンアップが他メーカーより早いが、それが災いしてAndroid 10にしてしまうとd払いアプリなどが利用できない時期が続いた(現在は解決済み)。
キャリア独自のサービスを展開するドコモのサービスの対応状況が悪かったが、現在ではドコモメールアプリとプラスメッセージにも対応している。

セキュリティアップデートやバージョンアップの速さに魅力を感じる人、キャリアサービスに依存しない人、Googleの作ったスマートフォンが使いたい人にはお勧めだが、いわゆる分かっている人向けの印象は否めない。デザインも一部では高級感がないと言われているのは後継のPixel 4も同様だ。

ヤマダ電機のキャンペーンでドコモのGoogle Pixel 3を購入しました〜PayPayは現金併用も可能、dポイントも使用

 

2月

なし

 

3月

◆SIMフリー版第5世代iPad mini Wi-Fi + Cellular

第3世代iPad Airと共に突如発表された。外観は従来のmini 4を踏襲されており、第3世代iPad Pro仕様でもない。Apple Pencilも、第2世代ではなく第1世代に対応と一部で不満も出ていたが、自分は既に第1世代を持っていたので追加費用がなくラッキーであった。
オンラインで予約していたが、店頭販売の方が早く手に入れられるという事でアップルストア店頭で購入。当初予定の64GBではなく256GBに変更して購入。セルラーモデルだ。

当初はオンラインでギフトカードを利用して購入したのでキャンセルすると数日返金処理に時間がかかるなど中々ややこしかった。

iPhone XRのCPUとメモリが余ったのかA12でメモリ3GBと、当時の現行の仕様であり、mini 4の様に型落ちを使っていないのが良かった。いつになるのか分からない後継機は、もしかしたらCPUなどが型落ちで販売される可能性もあり得る。
個人的にはiPad mini 2(旧:iPad mini Retinaディスプレイモデル)以来のminiシリーズで、家の中でも邪魔にならないサイズで使いやすい。iPhoneよりも安いので、タブレットではあるが、こだわりがなければこちらでも良いのではないだろうかと思ってしまう。
これまで使っていたSIMフリーの10.5インチiPad Proは家族に譲った。

iPad Proよりももちろん軽いので外出の際に持ち出しやすくなり、ネットワークも3キャリアの主要周波数帯にも対応しているため、バッテリー持ちの面からもモバイルWi-Fiルータとして優秀だ。

ただ、iOS 13になりテザリングの使い勝手が非常に悪くなったのを早く直して欲しいのが願いだ。

新型iPad mini(第5世代)が店舗のアップルストアで販売開始、SIMフリーのセルラーモデルを買いました、ビックカメラ.comでも発売を案内〜オンライン注文時の気になる点も紹介

 

 

◆au版iPhone 8 64GB

一括0円がなくなってしまうかもしれないと騒がれていた時期に、Pixel 3を購入したドコモ回線が3月で更新月が3ヶ月に拡大されたので解除料なしで一括1円で購入。カラーはシルバーだ。キャッシュバッククーポン10,000円が適用できた。
ちなみに全く同じドコモ版を2018年の2月にも購入している。

ホームボタンがある最後のiPhoneで、現在日本で最も売れたiPhoneとの事だ。ワイヤレス充電対応や背面がガラスのため、iPhone 7より若干重量が増したが、普通に使う人にとっては現在でも不満はないだろう。
SIMフリー版では128GBも発売された。

 

4月

特になし

 

次回は5月〜8月を紹介したい。こちら

 

 

Twitterはこちら